鳥海山頂8月29日day60〜山頂に暮らす〜

おはようございます!

山頂6時、強雨、気温12.6度、風強い、視界30メートル

山頂生活2017シーズン山小屋営業残り6日、カウントダウンはもうとっくにはじまっています。
それは、
このブログの投稿が残り6回であることも示しており、
今の自分としては、
俺ってやっぱりデキる男だったんだな!
と、改めて自分の非凡さに溜め息が出るほどうっとりしています。

「とにかく毎日早朝の山頂気象状況の報告をしなさい。」

これが、
株式会社鳥海トライブのお偉いさん方が、
代表取り締まり役という身でありながら夏になったら山に登って帰ってこない、
東洋一のお気楽社長の私に、
いや、仕事一筋まじめが取り柄、彼は責任感の固まり、と噂の、
だけどちょっとだけお気楽社長の私に、
まるで当てつけのような会社命令、

「とにかく毎日早朝の山頂気象状況の報告をしなさい。

私は心の中で、
この極悪非道の弱小企業め!
俺をいたぶって何が楽しいんだ!
最低!
変態!
鬼畜!
そう叫びながら、
泣く泣く引き受けてしまったのです。

まじ
めんどうくさそーーーー。

私という人間の性能から考えて見ても、極度に飽きっぽい上に極度の忘れん坊、この2つのワードだけ見ても毎日決まった時間にブログを書く、なんて作業はどう考えても向いていない。
無理だ!
と叫んでしまってもそれまでだった。

いざ地上を離れ、まだ半分以上を雪に覆われたままの鳥海山頂へ、そして山小屋オープンと同日ブログ初投稿を終えた私の感想は、

まじ
めんどうくせーーー

さすがの私も、
この状況を打破するためには、
何をするべきか考えました、

まずは覚悟、やるのかやらないのか、責任感の創出

そして、整理整頓、作業の無駄を省き、取り除けるストレスは取り除く

コンセプト、ルール作り、自分だけのゴールの設定

大切なのは意識革命、
投稿作業自体を好きになり不投稿に悪を置く、
1番楽しめるやり方の模索、
自分にとってのメリットの明確化、
自分の性格や性能に、投稿の意義を噛み合わせ、苦手な筈を得意と錯覚させる

 

様々な試行錯誤と実験と失敗と諦めを繰り返し、なんと、ミッションクリア継続中の道中の今日にめでたく辿り着いたのです。

いや、

いやいや、

ブログ投稿ぐらいでごちゃこちゃ言ってねーで普通にやれや!

と思う方もいるでしょう、しかし!

私の、極度の飽きっぽさ、

私の、えっ!あんた頭大丈夫?と人に何度か言わせている極度の忘れっぽさ、

その度合いを小さく見積っておられる、としか思えません。
まるで、
カニに、前を向いて真っ直ぐ進みなさい、
というようなものなのです、
ペンギンに、空を飛んでるところを見せなさい、というようなものなのです。

しかし私はやりました。
前に真っ直ぐ進む蟹を演じきり、
空を自由に飛び回るペンギンとなったのです。

偉い。

感無量。

あと6日も適当に行こう。

山頂に暮らす。

ここは自由の国。

自由の国で不自由を手に入れるのは容易ではない。

ここは自由の国。

山頂に暮らすとは、
そういう事。

社会復帰を考えるとそろそろ心配

山頂に暮らすとは、
そういう事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です